​愛和の会ご報告

第38回愛和の会
in
富士山0合目

令和3年11月11日(木)

アーティスト大志さんからご案内いただきました報告をご案内致します^^
 

第38回 愛和の会 in 富士山0号目

2021年11月11日。
Dreamers Grandprix『宇宙大花火』

 

この祭りの始まりのきっかけは、私、大志が、内田会長に初めてお会いした時、「新時代の狼煙として、富士山頂から花火を打ち上げて、世界中のみんなを元気にしたい」という志から始まったものでした。こんな時代だからこそ、世界中からDreamerを集めようと決意し、Dreamers Grandprix『宇宙大花火』を、去年の11月11日から開催致しました。


今回の花火では、花火玉に『願い』を描くことに挑戦しました。一尺玉が8発、4号玉が55発の花火玉が、雪の積もった美しい富士山の麓から打ち上がりました。財団からも大きな一尺玉を購入して戴き、当日は、会長を含め、理事長の木村里恵さん、評議員の山崎大さんが参加されました。当日参加できなかった他の役員のみなさんからも、花火玉を購入して頂き『願い』を聞いていたため、
花火玉に代筆させて戴き打ち上げました。
花火師さんも花火玉にこれまで『願い』を描いたことがなかったようで、花火師と参加者の間でこれまでにない一体感があり、本当に楽しかったとお話をされていました。


最も印象深いことは、宇宙大花火の爆発するインパクトでした。
当日は、強風だったこともあり、花火は、私たちの方角の上空へ打ち上がっていき、私たちの真上で大きく花火が開いたのです。さらに、大きく開きながら、ゆっくりと光が降り注ぎ、私たちの真上どころか、頭上を優に超えて行きました。
光に包まれ、光に溶けて、すべての存在から祝福された気持ちになりました。


宇宙大花火は、「Sparkle Star Festival」という祭りを産み、新時代へ突き進みます。
天に『願い』を届け続けることで、この地球は、いつか開星します。
宇宙のそのものが、祭りなのです。
人生を、この生命を、謳歌しましょう。皆さま、本当にありがとうございました。


※今回は、Youtube生配信でしたが、現在もアーカイブとして観ることができます。
https://youtu.be/mKGfSavLlJY